山梨の予備校に行き医学部受験に成功しました

良い予備校を選ぶことが合格への第一歩

医学部 予備校 山梨医学部受験合格ナビ

最初は、周りはライバルばかりなので仲良くはなれないんじゃないかなと思っていたし、特に仲良くなる必要もないかなと思っていましたが、実際には仲間意識を持つことができる人もいたし、一緒に合格して大学に行こうと励まし合うことができて良かったです。
通っている間に、少し悩んでしまったり本当にその大学で良いのかなど考えてしまうこともありましたが、その時には担任のスタッフの人が、しっかり相談に乗ってくれて、アドバイスももらえたので良かったです。
大学の受験に関する情報も、タイムリーなものを楽に入手することができたし、これは高校にいてはわからないことだったので、その点も良いなと思いました。
予備校は設備も整っているし、自習室はいつでも好きなタイミングで使うことができるので、自宅では集中して学ぶことができないという時にでも、自習室ならば環境が整っていた気が散るものもないので、時間を無駄にすることなく学ぶことができました。
受験をする時には不安もありましたが、予備校に通うことで自分の勉強ができているという自信を持つこともできたということもあってか、無事に合格することができたので本当に嬉しかったし、良い予備校を選ぶことが合格への第一歩だと思いました。

三重と山梨以外にどこの過去問を解きました? — 徳島のボーダーがその年低かったので、徳島大医学部と、あと予備校勤めでしたので、杏林〜聖マリアンナとかの私立医大や、宮廷大は仕事で解いてましたよ https://t.co/m3czBpMfPz

— うそかわ (@MrUsokawa) 2016年1月23日

学校で成績が良くても簡単に合格できる世界ではない本当に役に立つと思う授業を受けていくことができた良い予備校を選ぶことが合格への第一歩